日ごろ思ったこととか趣味のこととか、あと愚痴とか。ポロリもあるよ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1.事の発端

事の発端は来年3月いっぱいで父親の単身赴任の期間が終了することに始まる

約4年間広島で暮らしていた訳だが、家族は帰ってこれてよかったと思っている

しかし「ただ帰ってくる」、どうやらそうキレイにはいかないらしい

父親が帰ってくること、すなわち

4年間で築かれた我が家(地球)の、生活バランス(生態系)が脆くも崩れ去ってしまうのだ

当初私は、いつ父親が帰ってきてもいいように、自分の部屋はほぼ毎日片付け

いつ帰ってきても対応できるようにしておけば

下の階を汚している母親と妹のみにその怒りの矛先が向けられると思っていた。

しかし父親が家で生活する場合、どうやら妹が二階で生活を始めるという情報を聞きつけた

そうなれば、来年受験生の妹と、ふすま一枚で暮らさなければならない

当然、テレビの音、楽器(エレキ)の音、音楽を聞く音、ボイスチャットの声など

普段の生活で夜中までしていた事をほぼ制限される訳である

妹のほうは、多少の音など気にしないなどと寝ぼけた事を言っているが

無理なのだ。悪い事に奴の机はふすまの真横、私の机もふすまの真横。

どう頑張って音を制限しようにも限界があるのだ

更に、これは私の精神的な事なのだが、今ボイスチャットを制限されると非常にまずい

私自身悩みの多い、周りから見たら難しい人間で

利用金額のいらないボイスチャットは、人と悩みを解決する重要なツールになっているからである

メールやチャットだと、どうしてもニュアンスが伝わらない部分があり

やはり声を出して会話できるボイスチャットはかなり優秀だと思っている

何より隣で人が生活している、というのは何故だからわからないが非常に苦痛で

精神的なものだと思うが、夜も眠れないだろう

よって、ここに私の住居移住(火星移住)の話が発案されたのである。

2、移住先について

移住先は、今住んでいる部屋の丁度反対側にあたる、北の間(我が家での名称)である

北の間(火星)は今、下の階からの物で物置状態となっており、とても人が入れるような状態ではない

12畳まるまるもらえれば大成功だが、自分自身精神的に参るのは嫌だし、

この際、4畳になっても仕方ないと思っている

それだけ自身、追い込まれている事を分かってほしい

もっと早く気づいていればこんなに切羽詰る事もなかったろう

妹は昨日この話を持ち出してきて、自分が二階で生活するのは期末テストが終ったらと言っていた

期末テストというのは明日からである。もう一週間も無い

とりあえず、下で生活してもらうという約束は成功したのだが

それにしても父親が帰ってくるまでに何とかしなければならない

3.父親がおkを出すかどうか

今のままだとおkを出してくれるとは到底思えない

第一親側にメリットがないし、今入っている荷物を置く場所もない

12畳部屋は一人では広すぎる、などと言われかねない

そこで私は、調査に乗り出した訳だ

中に入っている物だが、どうやら私が考えるに

いらないものを捨てれば大丈夫な計算になっている

ベットの残骸、古い漫画などは処分すればいいし

風呂場を作ったときの荷物は、更にその奥の物置を整理して、

ちゃんと使えるようにした上で、収納すればよい

北の間に入っている、母親のタンスなどは、現在私が使っている部屋に入れればよい事も分かった

あとは親の承諾のみで、私自身はすぐにでも取り掛かりたいと思っている。

12畳の部屋はもったいないというならば、最初に提言したとうり

最悪4畳部屋になっても仕方ないと思っている

それだけ、隣で人が生活しているというのは私にとって嫌な事なのだ

4.親側のメリット

下の階がすごく汚れていて、整理できないのは父親もわかっているはずで

下の階を片付けるには、二階の北の間と物置を整理するしかないのだ

これは下の階が片付かなくなってから、もう一年もいわれ続けていることで

ネタに使わない手は無いとおもう

・二階の北の間をつかわしてくれる代わりに北の間、物置を徹底的に片付ける

その効果で下の階にある使わないものを、二階の物置にしまえることになる=下の階が片付く

・将来、両親が二階で寝るようになること

将来寝るようになった場合、今私が使っている部屋を二人の寝室としたい

衣装ケースなどを置いたとしても、位置的にも大丈夫だということが分かった


以上の事をふまえて、私は移住したいと考えている


全体のまとめ
・下の階を片付けるためにも、二階を片付けなければならない
・12畳がどうしても無理なら、この際4畳分でもいいと思っている
・隣で人が生活するのは精神的にどうにも耐えられない、例え家族であろうとなかろうと
・今、北の間に入っている家具などの移動場所など、全て計算できている
・今の部屋にとどまると、妹によって色々制限されるため耐えられない

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
<% comment_title>
 自分の空間を確保する難しさはわかりますねぇ。
かくいう私も似たような状況になりつつありますし、それどころか実家からおっぽり出される日は近いでしょうな…。

 「がんばれ」とまでは言いませんが、Rubenさんが納得できて家族の方も納得できる。
某ドラマで「Win-Win」という単語を耳にして相応しい結果がこれだろうなぁと(私は勝手に)思っております。
2007/11/27(火) 00:34 | URL | Welch #J8TxtOA.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rubengaruch.blog56.fc2.com/tb.php/35-74db018c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザ ー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。