日ごろ思ったこととか趣味のこととか、あと愚痴とか。ポロリもあるよ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
経歴は小学校4年から一年間のみ、肩を壊してバスケ部に入るまでは

リリーフピッチャーをやっていて、試合に出るのもたま~にくらい

小学生の時はそんなに野球も好きじゃなくて練習さぼったりもしょっちゅうだった

肩も壊れた事だし、バスケ部にいても練習参加したりしなかったり。

阪神を応援しだしてからだろうか、野球に対する意識が変わった

去年から筋トレ、ランニングなどを開始し最近更に熱が入ってきた

筋トレも、野球のためならと楽しくやれている

小学校の時に壊した肩は、中学時代のテニスで完治&強化されているため

現在ではしょっぱなからとばして投げても問題はない

ただ、肘はそうはいかなかった

中学時代に酷使しすぎたテニス肘と野球の練習をやりすぎた野球肘

夢の融合合体は当の本人には最悪な形で現在も残っている

今は治療をしながら、トレーニングを続けているため最初よりはマシになっただろうか

現在守備位置は一番センター。

それが割かし足が速い方とかそういう理由で決められているならすぐにでもベンチに下げてほしい

まぁセンターがつまらないとか、外野が地味だからとかそういう理由ではない

元々センターも好きだがもっともっと高みを狙いたいし、肘のおかげで前みたく遠投もままならない

なにより転がってくる白球を、もっと真近で追っかけたいだけっていうのが理由である

更に、暗黒時代に薄れていた目立ちたいと言う精神もここ数年また盛り返してきた

したがって守備で一番目立てるピッチャーもやりたいと思っている

しかしピッチャーは肘の影響で、投げる瞬間全く肘に力が入らないため

球が完全に制御できなくなるため球質は軽いわ抑えられなくて上に飛んで行くわで無理な話である

だが諦めた訳ではない

今治療してる最中だが整体の先生がこないだ事故で腰の骨が折れると言うアクシデントもあり

それが遅れているだけで、まだまだ諦めようとは思わない

球速も去年最初に計ったときは95キロ、唖然とした

こんな糞ボールが嫌で嫌で、筋トレとフォーム改善に努めた

今は肘の影響もあるが、よい日で最高が127キロ、悪い日で115キロ前後で、球質は糞である

小学校の時の野球のチームに出入りして、練習してみたり

色々模索しているところだがまずは肘の治療と言ったところだろうが

もっと速くて重い球投げてえなあ(ノ`△´)ノ ┫:・'∵:.┻┻:・'.:∵

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
<% comment_title>
 出張先からこんばんわ。
rubenさんが今何に熱を込めていらっしゃるかが良くわかるなぁと思いました。
 と、同時に昨日なぜあんな話をしてくれたのかが多少分かった気がします。

詳しくはこちらでは書きませんが、例の打ち合わせとかもしたいのでとりあえず私が自宅に戻ったらVOIPしたいです。
2007/12/02(日) 00:20 | URL | Welch #J8TxtOA.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rubengaruch.blog56.fc2.com/tb.php/39-5d7b8baf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザ ー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。